会長所信および運営方針
会 長  小川 耕示

国際ロータリー、地区、クラブ会員のつながりを深めよう
 刈谷ロータリークラブが創立50周年を迎えようとしている2003年12月に入会させていただき、早や19年、入会時は厄年だった自分が、今や還暦を迎える年となりました。その間、先輩諸兄には多岐にわたるご指導をいただき、会長にご指名いただけるまで育ててくださり感謝しております。ロータリー生活の半分は、地区への出向の機会をいただき、職業奉仕委員会と研修委員会にてロータリーの本質を学ぶ事が出来ました。まだまだ浅学非才ではありますが、学んできたことをもとに、会員の皆様にできるだけ情報提供を行っていこうと考えています。
 国際ロータリー会長のジェニファー・ジョーンズ氏は、DEI(Diversity多様性:Equity公平さ:Inclusion開放性)に関する声明を重要視されています。このロータリーDEIタスクフォースは設置されて1年ほどしか経っていないため、まだまだ周知されていないことと思われます。ぜひ、この考え方を皆様とともに学んでいきたいと思います。
 ロータリークラブに入会して20年が経とうとしている今でも学ぶ事はたくさんあります。これからも奉仕活動を継続するとともに、新しい会員にたくさん入会していただき、多様性のある開放的なクラブとなるよう一年間がんばってまいりますのでご支援よろしくお願い申し上げます。
2022~2023年度 小川耕示 刈谷ロータリークラブ会長 運営方針
  1. 地域社会に役立つ奉仕事業の実施
  2. 多様性のある会員増強
  3. 好意と友情を深めることができる例会の開催
  4. Withコロナの中で安心して参加できるプログラムの実施
  5. ロータリー財団、米山奨学会への寄付協力
  6. WFFへの参加とポリオ撲滅募金活動への協力
  7. マイロータリーの活用

サイトは、Internet Exploler6.0以上でご覧下さい。
Copyright(C)2000.Kariya Rotary Club All rights reserved.

Mail