会長所信および運営方針
会 長  杉浦文雄

「職業奉仕について語り合い、知的多様性をもって活動しロータリーを楽しもう」
 19ー20年度国際ロータリー  マーク・ダニエル・マローニー会長テーマの
「ROTARY CONNECTS THE WORLD ロータリーは世界をつなぐ 」が掲げられ、2760地区伊藤ガバナーは地区活動方針を 「グローバルに考え、地域社会とつながり、ロータリーを成長させよう」と発表されました。このロータリーを成長させようについての考え方を基に、「変えてよいこと、変えてはいけないこと 」を見直し、「知的多様性 ・革新的柔軟性」 をキーワードとして各クラブでの活動に取り組んでいただきたい。
その具体的な方針として
  • クラブ戦略委員会で例会と奉仕の在り方を見直す
  • 会員増強と退会防止
  • ポリオ撲滅への貢献
  • ロータリー賞への挑戦
  • 国際大会への参加
と示されました。
 「変えてよいこと、変えてはいけないこと、 ロータリーを成長させること」これらは、まさに前年度刈谷ロータリークラブ鈴木会長の 「不易流行」に結びつくことではないでしょうか。
私はロータリークラブの活動の中で 最も基本となるのは 「職業奉仕」だと考えます。
この「職業奉仕が最大の基本」となることが、他の団体や ボランティア活動をされてみえる他の組織と最も違 う点だと考えますし、ロータリークラブが変えてはいけないことだと思います。
職業奉仕を基本としての活動をされた諸先輩ロータリアンから、さらに学び、時代の変化を読取る知識を学び見直しを行い、変えてよいことは変えることが、 歴史と伝統ある刈谷ロータリークラブを継承することだと考えます。
 会員各位の絶大なるご指導、ご協力をお願いして会長所信といたします。
2019-2020年度 マーク・ダニエル・マローニー 国際ロータリー会長テーマ
「ROTARY CONNECTS THE WORLD ロータリーは世界をつなぐ 」
2019-2020年度 伊藤靖祐   第2760地区ガバナー地区活動方針
「グローバルに考え、地域社会とつながり、ロータリーを成長させよう」

2019-2020年度 杉浦文雄 刈谷ロータリークラブ会長  運営方針

国際ロータリー会長のテーマ、地区ガバナーの方針に則り、以下の運営方針を掲げます
  1. 「不易流行」を継承し刈谷ロータリークラブ戦略委員会を定期的に開催します。
  2. タイにおいての国際奉仕事業を継承します。
  3. 刈谷ロータリークラブならではの、社会奉仕事業を実施する〔地区補助金事業〕
  4. 刈谷ロータリークラブならではの、会員職業奉仕を活用した例会を開催する。
  5. WFFへの参加等を通じポリオ撲滅への貢献、ロータリーデーへの認識を高める
  6. 会員増強と維持
  7. ロータリー財団、米山記念奨学会への寄与
  8. マスメディアの活用による公共イメージの向上
  9. マイロータリーの登録推進
  10. ロータリーを楽しもう!をテーマに親睦会を多様性のあるものとする

サイトは、Internet Exploler6.0以上でご覧下さい。
Copyright(C)2000.Kariya Rotary Club All rights reserved.

Mail